スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウマ・・・

眠いときにありがちなことー!

こんばんわ、でなすでし。



今思い出しても身震いする、トラウマな出来事。



小学校高学年のあの頃。

思えばあの頃だけだったと思うんですが、

同じ町内にいる久保君とよく一緒にいたのです。

今思えば絶対俺のこと嫌いだっただろうなーと思うのですが。_| ̄|○


で、ある日その久保君と一緒に、近所に住んでる先輩の家に遊びに行ったんです。

女性の先輩で、仲がよかったわけじゃないんですけど、

どういうわけかその日は「猫でも見においで」と誘われたのです。


不思議に思いますよね?

しかもその先輩は体格が大層豊かな人で、目は細く髪はおかっぱ。

それで面白ければまだ救いようがあったのですが、性格は暗い。

先輩の人間関係なんて全く知らない私ですが、

当時の私でも「こいつは絶対モテないな」と確信していたような人。

不思議に思いますよね?


がしかし、猫が!猫が触れる!とその頃から動物好きな私は喜び、

早速その先輩の家に行ったのです。


で、しばらく猫と戯れながら談笑していたのですが、

いきなり言われたわけですよ。


「おっぱい見る?」


・・・ええ・・・?

私も久保君もキョトンとしてしまいました。

思わず横目で久保君の顔を見たら、

久保君も私の方を見て「どうすりゃいいの?」って顔してました。


いやまあ小学校高学年の頃ですし、興味が無いわけじゃないんですけど、でも・・・

なんせ相手は顔が残念な先輩ですから・・・

どうしようどう答えようと悩んでいたら、先に先輩の方が脱ぎだしてですね。


見ちゃいました。


「触ってもいいよ?」


この一言で私と久保君は、猫を放り出して逃げました。_| ̄|○

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 小学校
ジャンル : 学校・教育

コミカルな交通事故

キシ先輩に「銭湯行くんでしたっけ?」と質問したら、

「ん?戦闘?なんで戦闘行くんや?」と聞き返された。

こんばんわ、でなしです。

(咄嗟に「温泉」の言葉が思い浮かばなかったのです)



未だに思い出してしまう交通事故のことを。

そんなにグロくはないけど、下品な話です。



家の前にそこそこ交通量の多い道路があるんです。

で、たまにいかにも「首輪外しましたよ」って顔した野良犬が通ったりもするんですが、

その日も野良犬が通ったんです。


その時ちょうど2階の窓から道路を見下ろしていた私。

野良犬が息を切らしながら走ってくるのを見て、

「おー元気いいなー」と思って眺めていたら、

いきなり向かってきた車と衝突。「キャン!」という声が辺りに響く。


しかし私がその瞬間ビックリしたのは、その時の衝撃よりも鳴き声よりも、

犬が鳴いた瞬間、何か茶色い物体が犬から出てきた気がしたんですよね。

気のせいか?と思ったら確かに家の前の道路に茶色いものが。


あの犬、事故の衝撃でダップンしやがった・・・


おいおいどうすんだよなんで家の前に・・・とか思っていたら、

その犬は事故った衝撃を物ともせず、スタコラと反対方向へ逃げていきます。


しばらくして私がまだ事故の衝撃の冷めぬまま、

また2階から道路を見下ろしていたら、

今度は反対方向から見覚えのある野良犬が走ってきます。


おいおいあんだけブリッとやらかしといて反省の態度ねえな・・・と苦笑していたら、

今度は反対車線を走っていた車とモロに衝突。

「キャイン!」と鳴く野良犬。おいおいまたかい!と思った次の瞬間、

またしてもプリッとやらかして、二度目の爆撃してくれました。


そしてその後、慌てて反対方向へ逃げる野良犬。2回も事故ったのに元気だな。

まさかまた戻ってきて・・・とか考えていたのですが、さすがにそれは無く、

家の前には2つのホヤホヤさんが置かれたままなのでしたー。

続きを読む

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

忘れられない思ひ出

一度でいいからやってみたいこと。

台風の目に入ってみたい。

こんばんわ、でなしです。



できれば封印しておきたかったネタを一つ。結構長いです。



子供の頃の私、実は泣き虫だったんです。

いや、今はどうだかわからないんですけど、

ちょっとしたことで泣いたりするような子だったんです。


小学6年生の時のこと。

6年生の時の担任というのは中年の小太りの男性で、

優しくて、どこか頼りなさそうで、そして何より、どこか気持ち悪かった。


それでもギャグのセンスがあればまだ救いようがあるんですが、

この担任、真面目気質でギャグのセンスなんて全く持ち合わせていません。

あっという間に嫌われ者になりました。


でも私にしてみれば多少気持ち悪いとか、そういうのはどうでもよくて、

宿題を忘れても怒らないならそれでよかったんです。

だから「まあ優しいからまだいいか」と思っていたんです。


ただ子供版沢尻エリカ風味のような女子生徒が、その担任の陰口を言い続けたせいで、

職員室に拉致されて、泣いて帰ってきた時は本当に何があったのかと。



ところが私もその担任に泣かされたことがあるんです。


その日は友達と遊ぶ約束をしていたのですが、

この担任、なんせ話が長い長い。

話がどんどんズレていったりして、それ関係ないだろとツッコミを入れたりしつつ、

いつも我慢していたのですが、どういうわけかその日は我慢できませんでした・・・


情けない話ですが私、友達といえば下級生が多かったんですが、

そのうちの一人、仮にショウ君としておきましょうか。

彼は家に漫画やゲームを多く持っていたせいか人気者でして、

そのせいか年上の私にでも上から目線なんですね。


アイツに逆らったら二度と64やらせてもらえない。

もう家で一人寂しくゲームボーイには飽きたんだ。


私の中には、そんな考えが常にありました。

だから私とショウ君との関係はその頃、崩れることは無かったわけです。


なのに私、毎日他の友達より遅れるわけです。

理由はその担任の話が長いため。


なんで一言「はい、帰りは注意して~」で済ませられないんだろう・・・

ああこれじゃまたアイツに怒られるわー・・・

ってか、なんで担任が悪いのに俺が怒られないといけないんやろ?

ったく、こんなことなら帰りの会サボってさっさと帰れば・・・



そんなことを考えながらイライラと時計と担任を睨めつけていたら、

なんか不思議と涙が出てきまして。いや例え話じゃなくて。


自分でもビックリしたんですけどそれどころじゃない!

最初は我慢していたんですけどそのうち堪えきれなくなって、

「ウッ・・・ヒック・・・」とか、嗚咽を漏らし始める有様。


その声に気付いた一人の女子生徒。

ビックリして私を二度見。やばい気付かれた!

しかし大丈夫、もう担任の話は終わりそうだ!いける!


「それじゃ、気をつけて帰ってください」


よし、行け!さあ帰るぞ!

真っ先に教室のドアへと走る私。

と、教室を出るときふと気になってチラッと後ろを振り返ると、

私の涙に気付いた女子生徒が担任にチクってた。


やべえ。これはやべえ!

ここで捕まったら30分プラスの説教だか慰めだかわからないコース行き!


慌てて逃げ出す私。もう涙どころじゃありません。

マラソン大会でもこんなに走らなかっただろうってくらい必死になって走りました。

必死で階段を駆け下りたその時、

「こら、待てー!!」という担任の声が後ろというか真上から。

なんで追いかけてくるの?そのしつこさで泣いたのに?


焦りながら、息を切らしながら、それでも必死で下駄箱で靴を履き、

スリッパ履きのまま校門目指して走り出す!

そこまで来れば追いかけてはこないはず、との了見が私の中にあったのです。


ところが次の瞬間、走り出そうとしたらランドセルを掴まれていた・・・

私の頭の中にGAME OVERの文字が浮かびます。


担任「なんで逃げたんや!?」


息を切らしながらも担任は言います。しかし答えずに逃げ出そうとする私。

そのまま体育館に連行され、

そこで「なんで泣いてた?なんで逃げた?」との追求が。


正直、ハッキリ言ってやりたかった。

お前のせいで遊ぶ時間が少なくなるのが嫌で泣いたんだよ、と。

お前が追いかけてこなけりゃあんなに必死で逃げなかったんだよ、と。



ところが私、ここで泣き虫根性発動。

ええ、また泣いてしまって、全く言葉を発せられぬ状態に。


未だに覚えているんですけどその追求されている最中、

いきなり体育館のドアがガラッと開いて、同級生の顔がヒョコッと出てきたんです。

私の声というか絶叫が聞こえたから何事かと。


ところがこの担任、それに気付いて追い返すならまだしも、

隙あらば逃げ出そうとする私の相手をするので精一杯。

それでも「帰れ!」言うならまだよかった。

実際にとった対応は、気付かぬフリですから。


で、それもあって最初のうちは悔しくて枯れることを知らない涙を流し続けたんですが、

そのうち私にも諦めがついてしまいまして。

時計を見て1時間経ったことに気付いた時はまた暴れたり泣いたりだったんですが、

その30分後、5時半にもなったらさすがに諦めもつくわな。

家に帰って着替えて、もう6時。そろそろ帰る友達もいる頃だし。



で、ようやくその頃になって泣いた(+逃げた)理由が説明できて、

担任も「そんなことで逃げたんか!」と驚いていたくらいなんですが、

正直、この一件以来この担任を冷めた目で見る私がいました。


それまでは「まあ気持ち悪いけど優しい」と思っていたのですが、

絶対に嫁がいないとか、そんな目でしか見れなくなりました。

「ロリコンだから先生になった」って噂流そうとしてたような覚えもあるくらいですからね・・・



正直、あの担任がいくら年老いていても、二度と会いたくないです。_| ̄|○

続きを読む

テーマ : 小学校
ジャンル : 学校・教育

やっぱり違うな、と感じたとき

横着ね!



むーすの横着なポーズ その2。

こんばんわ、でなしです。

※寝起きに「だっる・・・」って感じで水飲んでます。



高校時代、とんでもない天才がいました。

私の通ってた高校ってのはバカの集会所みたいなもので、

(まあぶっちゃけ、その分楽しく過ごさせてもらったんですが)

なんで君ここにいるの?ってレベルの天才。


ある技術系の大会に出るわ、優等生が苦しんでる問題を平気で解くわ、

「こいつには敵わねえな」とつくづく思わせてくれるような生徒。



ある日生徒会か何かの行事で、子供の相手をすることになったんですが、

その際プラスチックの板でブーメランを作ることになったんです。

なんてことはない、プラスチックの板同士をホチキスで留めるだけの、

すごい単純な構造のやつ。


単純すぎるせいか、飛ぶには飛ぶんだけど戻ってこない。

私も周りも似たようなもので、

ちゃんと投げれるんだけど、飛ぶんだけど、戻ってこない・・・


まあ所詮簡単な造りだもんなーと思いながらも、

なんとなく悲しい気持ちになりながら皆で投げては取りに走る中、

ただ一人、その天才クンだけはちゃんど戻ってくるブーメラン作ってました。


いやもう、凄いのなんのって。

「え、ウソ!?」と思って他の人が投げてもちゃんと戻ってくるの。

つまり投げ方じゃなくて、モノが違うの。一見同じなんだけど。


あの時私は、「やっぱ天才は違うな・・・」と実感してしまいました。

続きを読む

テーマ : 一人言
ジャンル : 学校・教育

理不尽なこと言われた

1年間飴を舐めまくった結論が「炭酸系の飴は絶対ど真ん中に穴が開く」。

こんばんわ、でなしです。



小学校の頃のウンコの話ー!

食事中の方はモグラ追いかけて逃げて!



あの頃はまだ若かったから、

冗談でも「ウンコー」とか言えませんでした。

今は(主にむーすのおかげで)連呼してますけど。


で、これは誰しも同じことだと思いますけど、

小学校でウンコするのって勇気要りますよね?

ああいう時って女子が羨ましいですよね。

小学生なら、トイレで個室入るのが当たり前だし。



私が高学年になったある日のこと。

たしかお昼休みの後に掃除の時間があって、

私はトイレ掃除担当だったんですが、なんか担当のトイレが賑わってる・・・


その中に知り合いもいたので「どうした?」と声をかけると、

「A君がウンコしてる!」と皆一斉に言い始めます。


そこで調子に乗った私。

いつもなら下から覗いて足が見えたら・・・とか、

今じゃできないばっちいことして確認するんですが、

その時既に成長期に突入していた私、背がグングン伸びている頃。


・・・いけるんじゃね?と思った次の瞬間には駆け出し、思い切りジャンプ!

あっさりドアの端をガシ!と掴み、オリャ!と頭を持ち上げ、

個室の中を覗き込むと、そこにはA君がケツ丸出しで便器に座り込み(和式でした)、

ビックリして上を見上げている様子が見え、

あと予想以上の悪臭が鼻を突きました。


慌てて下に下りて「いた!ホントにしとった!ウンコしとった!」と報告。

うん、もうこの時点でヒーローだな俺は。

なんせ学校でウンコする猛者がホントにいるかどうか確認したんだからな!



・・・しかし現実は違っていて、「うわあ、ひでー」と言い出す周りの子。

え?と思う間もなく「上から覗くなんて!」「最悪や!」と全員から責められる私。

いや、だったらなんで皆ここにいるの?

その場には、明らかにトイレ掃除担当じゃない人もいたのです。



その後のことは全く覚えていないのですが、この経験だけは印象的で、

あの経験から私は学び取ったのです。

ウンコに関わるとロクなこと無いな、と。

続きを読む

テーマ : 小学校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

でなし

Author:でなし
非人の夢とフェレットの娘を持つ人間が書くブログ。2010年1月18日付けで更新停止。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。